2009年06月28日

最 終 兵 器 彼 女

今日の分の逆転裁判日記はもう書いていたのですが
あまりにも衝撃的だったので記事入れ替え。
逆転裁判はまた明日(*´∀`)ノ


そう、最終兵器彼女について。


これもね、色々聞いてたんですよね。
「すっごい面白いから読むべき」
って。



これを「面白い」って言ったやつぁ・・・・


表に出ろヽ(`Д´)ノ!!!






面白いとは思えなかったです。

初めてかもしれない。
続きが手元にあるのに
「読みたくない」
と思ったのは。



知らない人のために
最終兵器彼女の概要を一言でまとめると
ごくごく普通の高校生の女の子が
人を、地球を壊す
言葉どおり「最終兵器」になってしまうお話です。
ちなみに恋物語です。



なんて言うか、重い。

これを描いた高橋しんさんは「いいひと」を描いた人。
「いいひと」も読んでないんだよなぁ。

どっちにせよ、真面目な漫画を描く人だ
ってくらいにしか知らないけど
イマイチ最終的に作者が何を伝えたかったのか。

分かるような分からないような。


戦争が起きると言うこと
人を殺すと言うこと
人の命を背負うと言うこと
そして人は死を感じたときに
何をしようとするのかということ


なんかそういうことがたくさん詰まっていて
詰まり過ぎていて・・・。


大体ね、本を読んだり、音楽を聴いたり
絵を見たり、景色を感じたり
心の琴線に何かが触れたときには
感情があふれ出すんだけど
涙が止まらなくなったりするんだけど

この作品、泣けなかったんだよなぁ。


ストレートな感情が出てこない。
もやっとしたものがもやっとして
心の底の方に沈んでいく
そんな感じ。




でもね、別に批判してるわけじゃないんですよ。

なんだ、こんな作品バカバカしい・・・

と、思ったらわざわざ記事にはしないです。
逆転裁判記事を押しのけてまで書こうと思ったのは
それだけ印象深かったから。


読んですがすがしい気持ちには決してなれないと思うけど
機会があったら目を通して欲しいなと思う作品です。



あぁ、そうだな・・・
最後まで読みきってすぐはもやもやしてたけど
全体を通してずっと感じた気持ちはあったな。

切なかったです。
人間って切ないなって。



うーん、なんだか上手く言葉にはできないけど
なんと言うか、この絶望感。
みんなにも分けてあげたい(*´∀`)ノ*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!




ネタバレ含む更なる戯言は↓


読もうと思ってるなら読まない方がいいですお。
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

今更ですが重力ピエロ

小さい頃って
読書をするのは女の子の方が多い気がしませんでした?

それこそ小学生とか中学生の頃
アタシはアホほど本を読んでいて
学級文庫から学校の図書館
移動図書館から地元の図書館まで
買って貰う本だけでは足りず
一通り読めそうな本を読み漁っていました。

その頃から割と読むのは早かったんだと思います(。・ω・)(。-ω-)
雨の日や、習い事がない時間や
夜、パパが野球を見てる横なんかで
ずっと本を読んでた記憶がありますねぇ。


一方、男の子たちは本を読むのが嫌いで
学校で読書週間とかがあれば
仕方なく読む・・・
そんな感じだった様なイメージがあります。


高校・大学の頃は、それまでよりお小遣いに余裕ができて
漫画を買うようになったのでw
以前のようには本を読まなくなったものの
なんのかんの読んでいた様な。

この頃になると、男の子でも本を読む子は
多少増えた気はします。



大人になった現在。
お客様とお話をしていると
男性の読書家率にビックリしたりします。

ウチに来るお客様の層として
男性に読書家が多いのかもしれないですが
本当に多くの本を読んではる人が多いなぁ〜と。


電車に乗って、遠くまで通勤してる方なんかだと
通勤時間は読書の時間って方が多いからなのかも?
と思ったり思わなかったり。



そんな前置きは置いておいて。
読書家のお客様に影響されたのか
最近はあまり読まなくなった小説を読みたいな
と言う気持ちになっていますw


ゲームでも小説でもなんでも
割と有名所に手を付けてなかったりするので
とりあえず手にとってみたのが「重力ピエロ」。

映画にもなった超有名作品ですねぇ。

文体はとても読みやすく
仕事から帰って、遊ぶ時間の合間合間に読み進めても
二日で読むことができました。

文字からシチュエーションの想像もし易く
続きを読みたいと思わせるストーリー展開は
読み手を引きずり込む感じがありましたね〜(*・ω・)

映画の公式サイトもちらりと見てきましたが
キャスティングがなかなか素敵な感じで
映画も見てみたいかも?
と思いましたヽ(´ー`)ノ


色んな音楽や絵画の小ネタも盛り込まれていて
思わず色々調べたくなってしまうのも
ひとつの読者を引き込む手法としては
とてもよく考えられてるな〜と(。・ω・)(。-ω-)


ただ、ただのサスペンス(?)作品じゃなくて
若干重い(;´∀`)

最終的に描きたかったのは「家族の絆」であって
確かに「素晴らしい家族だな」と思えたのは確かですが・・・・



これ以上はネタバレになるので(爆


続きは読みたい人だけヽ(´ー`)ノ


ネタバレ含みますヽ(´ー`)ノ
posted by ねーさん at 01:00| Comment(4) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

おきゃくさまのおはなし

接客業をやっていると
いろんな人に出会うのがひとつの魅力。

もちろん困ったお客様もいるけども
困ったお客様は少数。

ほとんどは皆愛すべきお客様たち。


対人間なだけに
ホント、人間観察って言う部分では
観察対象に困らないと言うか。
言い方は良くないけどね(;´∀`)


同じような出来事があった時にも
人によってとことん落ち込んでみたり
逆に空元気を見せ付けてみたり、色々。

長くお付き合いのあるお客様だと
今、絶好調の波だな〜と思うときがあれば
今、絶不調だなぁ〜(;´∀`)って思うときもある。


最初はとっつきにくい人だなぁと思っていても
身の上話を聞いているうちに
愛すべきお客様になることもあるし。


以前にも書いたかもしれないけど
自分の不幸話を
話のネタとして提供できる人は
愛されキャラになりやすい。

決して不幸自慢じゃなくて
ネタとして話すって言うのがミソ。


笑えない不幸な話を話しちゃうのは
また周りを引かせちゃう恐れがあるけども
笑える不幸話はどんどんして行っていいんじゃないかしらw


たとえばアタシの前歯は
実はインプラントだったりするわけですが
その理由ってのは歯を折ったから(´ー`)

何で歯を折ったかって言うと
カニの殻を歯で割ろうとして折れたから(爆

女の子なんだから
ちゃんとハサミで切るとか
もうちょっとおしとやかにしなさい〜
みたいな事は言われるけども
だいたい笑ってもらえる話w


それにしても、世の中
色んなことに関わってる人が多いよね。

面白い話だったり
面白くない話だったり
怖い話だったりするけど
そういう普通では知りえない話をたくさん聞けるのは
この仕事ならではだなぁと思うのです(*´ェ`*)
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

トモダチの定義

戯言戯言(´ー`)


お客様とお話をしていると
いろんな考え方があるんだなぁ・・・
としみじみ思うことも多々。

もちろん
自分と似た考え方の人も居れば
自分とは絶対相容れない考え方の人もいる。


最近思ったのが「トモダチの定義」。

これって確かに色々考え方は分かれるよね。


アタシなんかは
絶対人に信じてもらえないけど
人見知りなのでw

「トモダチ」と呼べる人はとても少ない。

大好きな人、それがトモダチ。


それ以外は「知り合い」になる。


あくまでこれはアタシの線引き。



でもね、トモダチって呼ぶ人が
すごい多い人も居るよね。

多分、そういう人の中では
トモダチのグループ分けがあって
重要度とかあるような気がするけど・・・どうなんだろう。


いや、別にね、そこはどっちでも良いのよ。
トモダチが多いほうが良いじゃない!
って思うのは自由だし
それをアタシに押し付けないでくれればそれでいいw


ただねぇ、その「友達は多いほうが良い」と言っている人で
その「トモダチ」の悪口を言う人っているじゃないですか。


それが腑に落ちない(´-ω-`)


トモダチの愚痴くらいまでなら・・・
まだ分からないでもないけど。


確かにアタシの「トモダチ」と呼べる人たちの中にも
「残念な部分」がある子達は居るよ?
でもそれは逆に「愛すべき部分」でもあると思うし
それをひっくるめて好きなわけで。

もちろんその残念な部分が
「それってどうなのよ?」
って思えば、本人に伝えるしねぇ。


逆にアタシにも残念な部分はめちゃめちゃ多いと思うし(爆


それでもアタシをトモダチだと言ってくれる人たちだからこそ
アタシは大好きだし、一緒に居ることが出来るんだと思う。



そんな風に考えるアタシからすると
トモダチの悪口を言うって行為は
「どーしてそんな人をトモダチって呼ぶの?」
って思ったりするわけで。

知り合い・同僚・クラスメート・バイト仲間・・・
いくらでも他の呼び方はあるだろうに
なぜか「トモダチ」という呼び方にこだわる人が居る。


トモダチの数ってそんなに大切かな?

悪口を言いたくなるような10人と
たった一人の大切な人

アタシなら後者が良いと思うんだけどな。




んー。
まぁ、これもアタシの勝手な考えだからね。
どれが正しいって答えはないんだろうけどねヽ(´ー`)ノ
posted by ねーさん at 01:00| Comment(2) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

小説ガリレオとドラマガリレオ

はい、と言うわけで「探偵ガリレオ」読み終わりましたヽ(´ー`)ノ

ドラマを最初の一話見ただけで
随分と面白く感じることが出来たと思います。


アタシは理系の人間ではないので
科学的な実験や事柄が出てきても
イメージがはっきりしないんですよね(;´∀`)

なんと言うか、SFを読んでいるのに近い印象を受けた
と言うのが、小説「探偵ガリレオ」の率直な感想です。


確かに読みやすいのですが
殺人に使われる道具やトリックが
科学的な事に直接関わっている場合
全くと言って良いほど推理できない(爆

あくまで科学的な事がサブ要素であるのなら
その他の部分でなんとなく推理はできますが
科学的なところはさっぱり(ノ∀`;)


湯川先生が科学的な実験をして
不思議な現象を解説してくれるものの
ぼんやりとしたイメージでしか
それを捉えることが出来ないんですよね〜(;-ω-)


って言うのは、現在の世の中には無いものを
「それはそういうものだ」と理解して読む
SFの様な物、と言うイメージになったんだと思います。


これがファンタジーになってくると
小さな頃からファンタジー物が大好きだったので
色んな映画や絵やゲームの様な視覚的な情報をたくさん持っているため
それなりに自分の中で想像できるんですけどね〜。




と、言う意味ではドラマで
科学的な部分をしっかり視覚的に見せてくれるわけで
ぼんやりとした想像でまかなえなかった部分が
はっきりと見えてくるわけです。

小説ガリレオが大好きな理系のお客様が
「めちゃめちゃ面白いよ〜」とおっしゃっていたのは
こういう事柄がハッキリと頭に浮かぶからなんだろうなぁと。


最初に小説で湯川先生をイメージして
ドラマで福山が湯川先生をやっていた
と言うのを知っていて
頭の中で照らし合わせてみたのですが
どうもしっくりこなかったんですよね。

でもドラマを見てみると
なんだか福山がとってもはまり役に見えてきて
「やるな|ω´・;)!」と思っちゃいましたw


確かに小説の方は、登場人物が男臭い感じなのでw
柴崎コウを草薙ポジションとして使っているのは
確かにドラマ的には良いと思いますね(。・ω・)(。-ω-)


てか、もともと東野圭吾的には
ガリレオは佐野史郎をイメージしていたらしいので
そこからすると、随分湯川先生カッコよくなったなとか思いますがw



でもほら、一話って最初にジャガイモ出てくるじゃないですか。
柴崎コウがあのポジションってのを知らなかったので
一瞬ジャガイモが草薙さんなのかと思って
げんなりしましたが・・・・(爆

ホントにジャガイモが草薙さんじゃなくてよかったよ(´ー`)



ん?
ジャガイモ?

あぁ、品川のこと^−^



とりあえずドラマの2話目が
「探偵ガリレオ」の最終章らしいので
2話目をこれで見れるかなw


ただそこから先はどうも間に合わない気がするw
まだ「予知夢」には手を付けてないので
今日2話目見て・・・
遊ぶのそこそこにマッハで読めばなんとかなるかもしれんw

ちと頑張ろう(爆
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。