2009年05月03日

持つべきものは専門家

豚インフルエンザ。
そう呼ぶと、豚の売れ行きが悪くなるとかなんとかで
新型インフルエンザと呼ばなきゃダメ!
みたいな感じになってますね('A`)

別に加工豚から移るわけじゃないねんから
豚インフルエンザ言うてもええがな・・・
と言う気はしないでもないですが
いかがお過ごしでしょうか。


心配で浅い眠りの日々を過ごしていたアタシですが
強力な助っ人が現れました゜+。(・∀・)゜+。゜


職業柄、色々な職業の方とお話しする機会があります。
もちろん、その中にはお医者さん、薬剤師さんなども含まれます。



その手の専門家である方に
今回の豚インフルエンザの事についてお聞きしてみました。




結論。
そないに気にすることはないんだそうです(´ー`)



まず、今回のこの感染について。
メキシコ発でした。
メキシコでは、今回のインフルエンザの感染・死者について
最初は何が原因か分からなかったそうです。
アメリカだかどこかだかの研究機関が関与して
初めて「豚インフルエンザによるもの」と言う事が発覚したそうです。
インフルエンザが流行しだした時点では
まだ何が原因か分からず、対応が的確でなかった
とも言える様です。

日本と言うのは、こういった医療・感染症についての機関が
世界でもトップレベルにあります。
更に、日本の公衆衛生度も世界でトップレベルにあります。

たとえ豚インフルエンザが入ってきたとしても
迅速な対応をすることが出来る基盤を持っている様です。


この豚インフルエンザ、新型インフルエンザと言った方がいいんですかね?
まぁ、今回のインフルエンザですが
感染率はヒトヒト感染であり
確かに感染率は高いんだそうです。

ただし、毒性で言うと、鳥インフルエンザの方がよっぽど高く
豚インフルエンザにかかったから死ぬ
と言った危険性は、鳥に比べると低いそうです。


そもそもインフルエンザで死者が出る場合
インフルエンザ自体が原因になることは極めて少なく
インフルエンザにかかった上で、二次感染・・・
主に肺炎にかかって亡くなるケースが多いようです。

インフルエンザ事態はウイルス感染。
肺炎などは細菌感染によってもたらされます。


高齢であったり、乳幼児であったり
または基礎疾患持ちである場合には
インフルエンザ自体、または細菌感染に対しての警戒が必要ですが
この細菌感染に関しては抗菌剤がとても有効です。

抗菌剤、抗生物質に関して
日本はとても優れたものを作り出しています。


つまり、どういうことかというと
普段インフルエンザが流行った時に
肺炎を併発して亡くなる方がそんなに多いか
って言うお話のようです。

確かに感染率が高いだけに、患者の絶対数が多くなり
数字的に見るとたくさんの死者が出ているように見えますが
日本と言う優れた公衆衛生・医療の発達した国で
普段のインフルエンザにかかったときのように
しっかりとお医者さんにかかり
抗菌剤をしっかりと摂取していれば
死に至るケースは少ない、と言うことだそうです。


もちろん、感染率が高いと言うことを踏まえて
マスクの着用や手洗い、一番確かなのはアルコール消毒など
対策をすることは
インフルエンザに対してとても有効なので
気を配るべきだとは思いますが
思い悩みすぎて「気で負ける」方が良くないと。



そう言う事らしいです。

お医者さんに聞いた内容を
ど素人のアタシが書いているので
若干おかしな部分があるかもしれませんが
健康な生活を送って、インフルエンザ対策を気にかけているなら
そんなに大事にはならないだろうと言うのが要約ですねw


もしどうしても心配だったら
一週間くらい家から出なくてもいいような
水や食料を用意しておけばいいんじゃない?とのことでした(;´∀`)


いやー
専門家がきちんとした事実を元に説明してくれると
・・・・・納得するもんですね(爆




ふつくしいがめん.jpg

せっかくアップを始めようとしてたところだったのに(´ー`)
posted by ねーさん at 16:07| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

こういう瞬間(*´ェ`*)

ふわっと新規のお客様。
特に女性ひとりの場合・・・
なにかしら嫌な事があったりする事が多い。

そもそも女性が一人で知らないお店で飲もうと思うとき。
よっぽど普段からお酒が大好きで
いろんなお店を渡り歩いているんでなければ
やりきれなくて、ひとりで飲みたい
そんな時じゃないのかな、と思う。


その日、カウンターの一番奥に座った女性は
アタシよりも少しお姉さん。
美人さんだったけど、どうもまとっているオーラが暗い(´-ω-`)

マスターから後から聞いた所によると
アタシがバックに居る時に来店されたその女性は
開口一番「今日はとても嫌なことがあったんです」
と言っていたんだそうな(;´∀`)

その女性の前に立ったときには
まだその情報を伝えられていなかったけど
誰がどう見ても、浮かない表情なのは見て分かったと思う。


とりあえずは静かにそばに立って様子見・・・。
何か彼女のその暗い表情の理由に近づくきっかけはないかと探す。


他愛のない話から、自虐ネタへ持っていく(爆

この年の割に、色々ネタは持ってる方だと思うアタシは
お客様にお話をしてもらうきっかけに自虐ネタを使うことが多い。

その時は辛かった出来事も
今となってはネタとして話せる話。


ふわりと話した離婚話が
彼女の琴線に引っかかったらしい。

そこから彼女は彼女の現在を語ってくれ始めた。


お話をしてくれたら、こちとら色んなケースを知ってる訳で。



ひとしきりお話をした後
彼女はこう言ってくれた。

「今日は来て良かった・・・・」

そして最初にそのカウンターに座ったときよりも
少し明るい笑顔で微笑んでくれた。

つられてアタシも満面の笑顔で返す。

「そう言ってもらえて良かったです(*´ェ`*)」




お店の扉は重い。
だけどそのお店の扉を初めて開けようとするのには
理由がある事もある。

もしその扉が
来たときよりも、帰るときのほうが軽く感じてくれるのであれば
本当に嬉しいこと。

帰るときには、来たときよりも笑顔になれるように。
少しだけ元気になれるように。


友達には言えない
親にも言えない
人から見れば小さな悩みかもしれないけど
自分にとっては大きな悩み。

そんなもやもやを聞いてあげられるのは
アタシ達の仕事ならではなのかもしれないなぁと思う。



あのお姉さんが、迷いなく自分に自信を持ってられるといいな〜(*´∀`)
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

突然ですが予定表

現在、ブログの形態がMHF日記となっていますが
Fの課金が6月中旬で切れます(´ー`)

とりあえずFはここで一度中断して
MHP2Gに戻る予定で居ます。

それと同時に、参考動画的なものを作りたいな〜
と思ってるんですね。


いつもここをチェックしてくれてるみんな以外で
このブログに検索で来てくれる人たちって言うのは
基本的にモンハン絡みw

まぁ、そうでしょうね〜
そんな記事ばかりですからw


決してアタシのプレイは神プレイではありません。
最低限の太刀が使える太刀使いくらいのレベルです。

そんでもなんだかんだでソロでG級までやってこれてるので
最低限このくらいの立ち回りが出来れば
なんとかクリアはできるんじゃね?
くらいの事をのほほんと紹介できるといいな〜
と思っています。


さて、そこで問題です。


動画に関して、アタシはド素人です。

動画を録画することまでは出来ましたが
そこから編集することが出来ません(爆

色々調べて、動画をどうやったら重ねられるかとか
どうやったらそこに文字を入れられるか・・・

その辺はなんとなくぼんやり分かったのですが


その前の作業が行き詰っています(爆



要はエンコード・・・・・・・・?



ムービークリップ(MPEG)と書かれているファイルを
何とか作業できる形にしたいのですが
まずそこのところが分かっていませんw

なんか色々ソフトを落としてみたものの
そもそものやり方が間違っているような(;-ω-)



そんなわけで、遅々として進んでいない動画編集。

どなたか動画作りには慣れてるぜb
と言う人。
または、動画作りをすごく丁寧に教えてくれるサイトあるよ〜
と言った情報を持っている人。

ご連絡お待ちしております(爆



そういうサイトをいくつかブクマはしてあるものの
そもそも用語が分からなくて
必要ソフトと紹介されているものばかりが増えていく・・・_| ̄|○


くらいおバカさんなので
なるたけ分かりやすい説明ヨロシク(*´ェ`*)
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

あの頃は〜

MHFの課金が切れてしまいましたヽ(´ー`)ノ
次の課金はどうしたもんかいな〜と思ってた所に
目に付いた記事がこちら

ネットゲームにはまり過ぎて、リアル(現実)での生活が破綻してしまった人たちのことを「ネトゲ廃人」という。韓国や中国、ロシアでは2000年代初頭から、ネトゲを連続でプレイしすぎて死者が出るなどすでに社会問題化していたが、09年5月に発売された『ネトゲ廃人』(リーダーズノート発行)によると近年日本でも
問題になりつつあるという。

◆一度始めるとやめられない
この本で、著者のジャーナリスト芦崎治氏は、全国25名のネットゲーマーに綿密な聞き取り
取材を実施。ネトゲで、「友達。おしゃれする心。出かける探求心」を失ったという若い女性や、「1日12時間交代でゲームに没頭。マンションで2人暮らしする高校生兄弟」「ゲームのし過ぎで倒れ、運ばれた病院で医者に呆れられた女子高生」など、常人には理解しがたい数々の
悲惨な例も登場する。が、彼らの多くに共通するのは、ゲームが楽しくてやり過ぎてしまうの
ではなく、義務感や強迫観念からやってしまっていることだった。

例えば、ネットゲーマーの中で一時絶大な人気を持った「ファイナルファンタジーXI」は、
6人1組での行動が原則なのだという。1人でも抜けるとパーティが全滅しそうになるくらい
不利になるので、「私が眠ると、みんな死んじゃう」と、なかなか中断できない。



全文を読みたい方はリンク先で読んでね(*´ェ`*)


まー、ねーさんも久々にオンラインに帰って来た訳ですが
なんというか、大人になったなぁと自分で思います。

今回、仕事から帰ってきて
課金が切れるまで2時間弱あったんですが
以前、オンラインで課金が切れる!となると
課金が切れるギリギリまで
2時間程度ならご飯もお風呂も後回し!
とにかくやらなきゃ!
ってなってたと思うんですよね。

てか、実際なってたんですよね(爆


でも今回、課金があと2時間弱ってのを見て
短いクエふたつくらい行ってみたけど
明日も仕事だし・・・
さっさとお風呂入ろう〜・・・
お風呂長いからお風呂入ってる間に課金切れるな〜
ま〜・・・いっか〜ヽ(´ー`)ノ

くらいの感じで、普通にお風呂に入って
出たらやっぱり課金は切れていましたw



そもそも、この記事に上がっているような
丸一日かけてボスに挑むとか
大きなギルドに所属するとか
そこまでのゲームはやってなかったのもありますが
それでもやっぱりそこに「人」が居るから
って言うのもあって
ずるずるとゲームに縛られていた部分はありますねぇ。

そんなに高レベルではなかったけど
それなりに顔が知れてるキャラだったし
そこそこ強くないと・・・って所はあったと思います。

ホントに高レベルになればなるほど
狩りはマゾくて、レベルは上がらないし
レベル上げ自体は楽しくなくなっちゃうんですよね(;-ω-)


ま、それを考えるとMHFなんかは
1クエは最大で50分だし
基本、ソロかおじーちゃんと遊ぶくらいだし
縛りはなくてちょうど良いと思います。

これがまたでかいギルドとかに入っていると
違うのかもしれないですけどね(;´∀`)


どっちゃにせよ、あの頃よりも全然リア充であることは間違いなく
ゲームをゲームとして楽しめているなってのは
大人になった証拠なんだろうかと思ったり(´ー`)


ゲーム自体が無駄だって言う人も居るんだろうけど
アタシにとってのゲームって言うのは
息抜きであり、楽しみであり、気分転換。

リアル生活を頑張るための、ひとつのアイテムであり
そういう意味ではオンラインゲームってありがたいなと思う所です。


でも、オンラインゲームのために日々を過ごしていた
あの頃のアタシってのは
よっぽどリアルが楽しくなかったんだなぁと・・・
今更のように思いますねw


ハマり過ぎて人生をダメにするのは
あまりにもアホらしいですから。



とは言え、全く以前やっていたオンラインゲーム時代を否定しないのは
かけがえのない大切な人たちと出会えた事があるから。

自制が出来るんであれば
オンラインゲームって、たくさんの出会いがあって
とても素敵な場所だとは思うんです。
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

手を見て思い出す

最近すっかりゲーブロになっているので
たまには戯言でもヽ(´ー`)ノ

いや、何かしら戯言的なことを書こう!
と、ネタを思いつくのがだいたい仕事中なんで
メモでも取らない限り、忘れちゃうんですよ('A`)

えぇ、もうおばちゃんなんでね('A`)

最近物忘れが酷くてのぅ・・・_| ̄|○


で、今日はたまたまネタを思い出した(爆

今日は文章ばかりで攻めますw



良くお仕事をしていて
お客様の好みだったり、お話した内容だったりを
良く覚えてるよねぇ・・・と感心されることがあります。

確かに、お客様にとっては
お店に来てお話するのはアタシかますたーな訳ですが
アタシ達にとっては、お客様はたくさん居るわけです。

まぁ、ぶっちゃけこの仕事
「お客様を覚えることがお仕事」
だと言ってしまえばそれまでなのですが・・・

正直、物忘れの酷いアタシにしちゃ
良く覚えてるな〜って思うときはありますね(爆


実際、良くいらっしゃるお客様を覚えてるのはもちろんですが
一度いらっしゃって2回目、3回目のお客様。
カウンターに座ってお話した時間が長ければ
ほぼ覚えてるものなんですよ。

2度目のご来店のとき
「あれ?この人の顔覚えてる・・・けど・・・誰だっけ」
と言うことは、実はありますw

でも、だいたいお話しているウチに思い出しますよね。


その思い出すポイントっていうのはいくつかあります。
分かりやすいところだと
印象的な話の内容を前回の続き、と持ち出してくれた時は
一番分かりやすいですねぇ。

後は、同じお酒を好んで飲んでらっしゃる場合。

声や、話し方に特徴がある場合も思い出しやすいです。

匂いもありますねぇ。
あんまりキツイ香水なんかをつけてらっしゃると
悪い意味で印象的です(爆


そして、これは割と職業柄なのかなぁと思うのが
「手」ですねぇ。

この業界が長い方だと
手を見ただけで、そのお客様がどんな方なのか分かる
と言う凄腕の方もいらっしゃいます。

それくらい、アタシ達の仕事って
手を見ているのかもしれません。

手の大きさや指の長さ
爪が綺麗だな〜とか
ホクロが印象的だとか
グラスの持ち方でも人それぞれ特徴はありますね。



女性だと、髪形が変わったりお化粧が変わったり
男性だと、私服かスーツかが変わったりで
結構印象が変わっちゃって
分からなくなることってありますからねぇ。



ま、なんでいきなりこんなことを書き出したかというと
まさに今日あった出来事だったからなのでしたヽ(´ー`)ノ
posted by ねーさん at 01:00| Comment(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。