2011年06月16日

ハンゲームはユーザーを舐めきってるとは思ってたけど

えぇと、Twitterを見てくれてる人は覚えてるでしょうか。

ハンゲームで昔からちょいちょいあったらしいんだけど
こないだ旦那様のIDが垢ハックに遭ったんですよね。
その時の経緯がこんな感じ。


posted at 07:24:52


それにしても垢ハック。ハンコイン入れてる人は、早急にパスワードを変えるかワンタイムパスワードを取り入れた方がいいかも。ワンタイムパスについては、ハンゲにログインして、自分のアイコンの上部にある「ID情報」のページを開いて一番下。「こちらをご覧ください」のトコから→


posted at 07:31:04


ベリサイン社のうんたら〜ってトコに飛んで、自分の携帯の機種に合ったものを携帯に導入する。導入できたら、利用設定。携帯が1台しかない場合は、1垢分しか管理できないので、ハンコを出し入れするアカウントで設定すべきだと思うよー。入ってるハンコ、きっちりほぼ全額、勝手にアイテムを→


posted at 07:33:25


買われちゃうので、すっからかんになっちゃうみたい。しかもハンコだけじゃなくて、商品券まで使われるみたい。この垢ハックは、あくまで「持っているハンコイン・商品券で特定のゲームアイテムを勝手に買われる+下手するとパス・メアドまで変えられちゃう」って事みたい。


posted at 07:35:36


ハンゲに「ハッキングされたみたいなのですが」と問い合わせても「知りません」と言われてとり合ってもらえないみたいなので、自分でできるだけのガードはしてね(´・ω・`)で、使うときに使う分だけチャージする、ってするのがいいかもね(´・ω・`)





さて、これの続編なんです。


ハンゲはアホなの?前回の垢ハックの続編なんだけど、被害者のアカウントを永久停止して回ってる。これって消費者センターに通報していいレベルだよね? #hangame


posted at 02:11:32


http://bit.ly/m9Uw1z ←これの270あたりから垢バン騒動についての話。これはもうホント明日にでも連絡がなきゃ消費者センターだね。てか垢バン喰らった人、サポートにメールしてそのやりとり、もしくは連絡がなきゃその旨を添えてセンターに報告。 #hangame


posted at 02:25:52


更に報告した旨をハンゲに送れば垢は返って来るらしいけど、あまりにも対応が曖昧なら警察行って、IP見せてもらえば、一発でハックが分かるみたい。中国からってのが報告されてる。国外だからすぐに分かるみたいだし、それをハンゲに送りつければすぐ返って来るはず・・だよね? #hangame


posted at 02:27:18


しかし前々からハンゲの対応はウンコだけど、今回ばっかりは許さん。即対応しなきゃマジでセンターから警察行き決定。 やられた人、泣き寝入りしちゃダメよヽ(`Д´)ノ #hangame




このような事になっております。



つまり簡単に時系列で説明すると

課金が1000円分あった。

ハックされて1000円分の課金を勝手に買われていた(気がつかず)

更に課金を2000円分(朝)

ハックされて2000円分の課金を勝手に買われていた

夜にハンコインがすっからかんなことに気が付き調べた結果
垢ハックが判明。

ハンゲに連絡

ハンゲでは対応しないから、どうにかしたいなら警察にどうぞ。

3000円で警察沙汰もなぁ・・・とそれは諦め
パスを変える・ワンパス設定で今後対策。

ハンゲからの連絡は特に無し

いきなり永久BAN通告。




ハァ?でしょ?
こっちは被害者なのよ
毎日ログインしてたのに
注意も連絡もひとつもよこさないで
いきなりの永久BAN。

もうね、ハンゲはアホなの?


旦那様のIDはカードで課金してるだけに
きちんとしたIDですよ。

あまりにアホすぎるこの対応に
今までのハンゲのヌル対応は目をつぶってきたけど
今回ばっかりは許さん。
マジで許さん。


国民生活センターのHPはこちら。
http://www.kokusen.go.jp/

ハンゲがのらりくらりした対応してきたら即効で相談。
お金がかかってるっていうのに、対応に時間がかかったとしてもとにかく相談。

相談したやり取り、その旨をハンゲームにメール。
メールじゃなくて、電話でも。
電話するなら、最初に
「このやり取りは録音しています」
って一言添えておくと良いかもね。

運がよければこれで返って来るらしい。

それでもgdgd対応するなら、ここは警察に行きましょう。
もちろんやり取りのメールや録音した物を持って。
上のTwitterで紹介したスレにも書いてあったけど
垢ハックしたIPが中国であることもあるらしく
その場合、一発で不正ログインが分かるので
それをハンゲに突きつけてあげましょう。

これで返ってこなかったら本気出す。


そもそもハンゲって子どものユーザーも多くて
お小遣いから課金してたり
もしくは親に内緒で課金してたりしてる場合もあるし
子ども達だったら、こう言うことがあっても泣き寝入りしかしないでしょ?
どうせそんな時どうしたらいいのか知らないでしょ?
まさか警察行くとか考えないでしょ?

って考えが見え見え。
完全にユーザーを舐めきってる。

大人にもユーザーが居るってこと。
お金が絡んでるっていうのに、いい加減な対応をしたらどうなるのか。
普通の社会人なら分かりますよね、普通。


ホントに結構な数の人が被害にあってるみたいだから
被害にあった人は泣き寝入りしないで
ちゃんと自分のIDを返してもらいましょうね!!




問題は返って来るとして何日かかるんだよ・・・・・・・・ヴォケ!ヽ(`Д´)ノ
posted by ねーさん at 03:41| Comment(0) | ハンゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。